2017/12/03

2017年 改組第4回 日展 出品作 『序』

2017年11月3日〜12月10日東京六本木新国立美術館にて開催の日展の出品作品
『序』
紫式部が源氏物語を書いた滋賀の名刹 石山寺 で時期座主を1300年もの歴史の中で初めて女性が勤めることになりました。

現座主の代わりに国宝開扉の導師を勤められた初めての時の緊張と不安とを描きたいと思い筆をとりました。

衣は代々伝えられた夏の正装ですが、男性使用を女性の寸法に直してまとわれています。

お数珠も大粒の水晶で、赤い紐に通されています。京都東寺の国宝展の中に、同じ水晶ような赤い紐のお数珠がありました。真言宗で使われる由緒あるお数珠のようです。

麻で織られた紗の、のりの効いた衣の透けた織り模様を描くのに何日もかかりました。

日展では第3室のとても良い部屋に飾ってもらっています。日展東京は12月10日までで、巡回の京都は12月17日から今年はみやこメッセで開催です。京都市美術館
先日までの冠雪が消えてくっきりとした富士山
開会式後のエスカレーター前の日展を一番に見ようと来てくださった沢山の人達




ラベル